image02

賃貸事務所の一番いい選び方は

img

賃貸事務所の一番いい選び方は、その目的から選ぶ手順が効率が良いでしょう。業務の目的によっては、最速のインターネット回線が必要だったり、デザイナーズマンションに特長的なおしゃれな空間が好ましかったり、小規模事業のため賃料の安さが優先事項であったりと要求するコンディションが違うわけです。このように目的別に物件探しを始めれば多数の数の貸し事務所から効率的に物件選びができるのです。事務所の系統を決めたら、立地や運営コストなど実務面の条件で段階的に絞り込んで行くと効率的です。

事務所を選ぶ際の注意点を整理してみましょう。事務所の賃貸契約をする利点の一つに、内装設計やインテリアを自分たちで変えられるというポイントがあります。ですが、同時に通常の契約には現状復帰義務もあります。この復帰義務とは、事務所を契約した当初の状態に原状回復した後で退去しなければならないという項目です。ですので、必要以上に大掛かりな内装工事をした場合、退去時に思わぬ負担が発生するでしょう。退去にかかるコストにも留意して事務所選びすると後々安心です。

事務所の引越をする時の注意事項をおさらいしておきませんか?事業所の移転で一番注力が必要なのは日程の調整でしょう。事務所を引っ越すにはすべきことが沢山あります。事務所探しから始まり、レイアウトの検討、内装の変更、回線等の移設、備品関連、得意先への連絡、社内の印刷物の変更、住所変更手続き、引越し業者との調整など大変な労力がかかります。そのうち一つでも順調に進まないとその次の作業に差し支えが出ますので、余裕を持って引越を計画しましょう。

事務所を新しく借りるなら、バリアフリー設計になっていることは必須です。昨今、バリアフリー化はハード面だけでなく、多くの人々のマインドにも定着しているのが事実です。通常の企業であれば、事務所がバリアフリー化されているのが当然との認識も広まっています。また、せっかくのビジネスチャンスも、バリアフリーしていないがために逃すことも十分に想定されます。幅広いビジネスを展開するためにも、オフィスのバリアフリー化を進めましょう。